TOP 購入 写真 支払い 査定 ADAC 保険 タイヤ交換 車情報
車情報 交通規則・罰則 歩行者・自転車交通規則 初心者用交通標識 点数制度 免許証発行 免許証停止 車の登録・変更・抹消 車の保証 事故車
連絡先

車のウィンターチェック (車の故障は冬に多い)


車の故障は特に寒い冬に発生しがちです。
例えば、12月は通常の月より50%車の故障が多く発生している事が統計で示されています。

その第一がバッテリー問題
そして、それに付随して、ジェネレーター、スターターの故障

そのため、特別にウィンターチェック、つまり冬の点検を行っているディーラー等があります。
ADACなどでも、安い価格でサービスしています。

その内容は
バッテリーチェック
ジェネレーター/スターター/レギュレーターチェック
ヘッドランプ/ブレーキランプ/ウィンカーなどの照明チェック
ワイパーのチェック
内部の空調、ヒーター関係のチェック
オイルチェック
ラジエター、ホース、冷却水などのの冷却関係のチェック
タイアのチェック

点検費用は、例えばADACでは19EUR。
近くのADAC点検場は 0180-5101112 で問い合わせ出来ます。
DEKRAの場合は 0180-5209912にお問い合わせ下さい。

不凍液 (Frostschutzmittel)
冬のメンテナンスには欠かせないものです。

二種類あります。
1. エンジン冷却水用 (Kühlwasser) エンジンやラジエターが凍れば、水が氷に膨張して破裂してしまいます。 新車の場合は、すでに入っていますので、不必要ですが、1−2年落ちの車より必要となってきます。 よって、不凍液が必要かどうか、前以てチェックする必要がありますので、ガソリンスタンドやディ−ラーで調べて貰えます。 あるいは検査器(Frostschutzprufer)を用品店で売っています。 更に冷却水が古い場合、不凍液の効果が薄れますので、新しい水と交換します。 古い冷却水は褐色に濁っていますので、見た目で分かります。 1.5リッターで約10EUR。
不凍液 不凍液

2. フロントガラス用 (Windschutzscheibe) ボンネット上にある噴射口が凍りつきますと、雨、雪、泥水に汚れたフロントガラスは洗浄出来なくなり、視界が極端に悪くなり、非常な危険な状態になります。  よってこの場合40EURの罰金が課せられる場合があります。 冬はフロントガラス用の不凍液をトランクに常に用意しておきましょう。 1リッター、5リッター、10リッターボトルがあります。 1リッターで約5EUR。
不凍液
これら特別ゴミ処理が必要です。 又家畜動物には毒になりますので、取り扱いには注意が必要です。

目次へ戻る
www.EbiharaGermanCar.com